総量規制とは

総量規制とは借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規に借入ができない、というもの。

 

貸金業法によって、借り手が業者から借りることができる額の総額に制限が設けられている規制のことです。また、貸金業者の過剰な貸付けを抑制するための規制でもあります。

 

この規制は個人の借入に対して適用されるもので、銀行からの借入や法人名義での借入れは対象外です。また住宅ローンや自動車購入時の貸付け、高額医療費の貸付け、不動産担保貸付け、などは除外となっています。

 

貸金業者は個人顧客から、新たな貸付けの申請を受けた場合、信用情報機関の個人信用情報を利用して他社からの借入残高を調査します。もし審査の際に他社からの借入を隠していてもここで分かってしまうのです。

 

総量規制によって借入できる金額が決定しますので、審査の際には正直に記入することがスムーズに借入できる近道になります。