消費者金融の取立て

いわゆるサラ金と言われていた消費者金融業者の取立ては、強面の人が玄関先で「金返せ!」「泥棒!」などと隣近所に聞こえるように大声で怒鳴ったり、勤務先にまで取立てに来たりというのを連想してしまいます。

 

しかし現在は消費者金融などの貸金業者は、貸金業規制法という法律の中で「取立行為の規制」という項目により、私生活や仕事の妨げになるような取立ては禁じられています。

 

例えば、正当な理由もなく、午後9時〜午前8時以外の時間に債務者に電話をかけたり、FAXを送ったり、自宅を訪問すること。正当な理由とは債務者と連絡が取れない場合など。

 

また、債務者以外の人に迷惑をかけたり、債務者の借金についてまわりに分かってしまうような行為も禁止されています。

 

また債務者以外の人に対して、借金の返済を要求することも禁止されています。
債務者が債務の整理を弁護士などに依頼していることを知りながら、債務者に返済を要求する行為も違法とされています。

 

違法な取り立てをされていると感じたら、警察や消費者生活センターなどに連絡することが肝心です。

消費者金融を利用する時には

借金をする事情はさまざまですが、時間や精神的なゆとりがたっぷりあるとは言えない状況であると言えます。

 

そんな時にはワラにもすがる気持ちで消費者金融を訪れるのはないかと思います。少々金利が高くても、審査が簡単で、今すぐ現金を手にすることができるという甘い誘惑から業者の実態や詳細を調べることなく、お金を借りてしまって、借金地獄へ落ちてしまうという例があります。

 

悪徳業者にだまされないために、名前が知られていない金融業者からお金を借りるときには貸金業登録番号を確認することをオススメします。

 

大手であれば、法律に則った運営をしています。法外な利息を請求したり厳しい取り立てをすることはありません。